車買取をする時の注意するべき点

車を買取ってもらう時に注意しておきたい点がいくつかありますので、チェックしてみましょう。
まず、査定についてですが、査定をひとつのショップなどで終わらせてしまうことが多いと思いますが、いくつかのショップなどで査定してもらい、それらを比較して交渉することで、買取金額がUPすることが考えられます。
また、そのショップでたまたま手に入れたがっている車だったりすると、いつも以上に買取金額が高くなることがあります。
このようなことからも、いくつかのショップなどを回ってみたほうがいいでしょう。
買取の査定の前に、もう一度、自分の車を見直してみましょう。
そして、日ごろ乗っていてできた小さな傷や汚れなど、自分のお手入れできるものはやっておきましょう。
例えば、車内をきれいにしておけば、車を大事にしていると印象づけられます。
また、ドアノブの周りにドアの開閉の際にできた小さな傷があると思います。
これはカーショップなどで手に入るコンパウンドで補修が可能です。
車を買取ってもらう時には、たくさんの必要な書類があります。
きちんと揃えたかわかるよう、チェックシートなどを作って、確認できるようにしておくと安心です。
車の買取は高額な取引ですので、ひとつひとつ確認していくことが大切となるでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取と自動車税

毎年、車を所有している人が支払わなければならないのが自動車税です。
自動車税は、4月1日現在で車を所有している人が1年分の税金として支払うもので、車の排気量によって納める金額が異なります。
自家用乗用車の場合、1,000cc以下が29,500円、1,000超~1,500cc以下が34,500円、1,500超~2,000cc以下が39,500円、2,000超~2,500cc以下が45,000円、2,500超~3,000cc以下が51,000円、3,000超~3,500cc以下が58,000円、3,500超~4,000cc以下が66,500円、4,000超~4,500cc以下が76,500円、4,500超~6,000cc以下が88,000円、6,000超ccが111,000円となっています。
自動車税は、車の買取の時に返金されます。
自動車税は1年分を前払いする、という形なので、車を買取ってもらって手放す場合は、残りの期間分の税金が戻ってくることになります。
たとえば、9月に車を買取ってもらった場合、10月~翌年3月までの自動車税が返金されます。
10月~翌年3月までの自動車税は、次にその車を所有する人が支払うことになります。
自動車税の返金は、その車の買取先が支払うことになります。
車の買取の契約の際には、自動車税の返金についての確認もするようにしましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取と重量税

新車を登録する時や、車検を受ける時に支払わなくてはいけない税金のひとつに、自動車重量税があります。
自動車重量税(重量税と略可)の税額は、自動車の重量によって変わります。
重量が軽いほど安く、重いほど高くなります。
また、車検証に記載されている「初度登録年月」からの年数によっても、金額が変わってきます。
車を売る場合、重量税が戻ってくることはありません。
重量税がたくさん残っているからといって、買取の金額に上乗せされたりといったことはほとんどありません。
重量税が残っていてもったいないと思うのであれば、次の車検切れまで待ってから車を売った方がよいでしょう。
ただし、重量税が戻ってくる場合があります。
それは、車検前に車を廃車にする場合です。
この場合は、車検が残っている期間の重量税が戻ってくることになります。
車の買取の場合は、車が廃車になるわけではないので、重量税は戻ってきません。
車が盗まれたり、車の名義変更をした場合も、重量税は戻ってきません。
その車が抹消されない限りは重量税は戻ってこないようです。
ただ、重量税が残っている車ということは、車検が残っている車ともいえますので、その点で買取の金額がUPする可能性はあります。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取には手数料がかかるか?

車を買取ってもらう時には、いろいろな手数料がかかります。
たとえば、名義変更のための費用があります。
そのような手続きも含めて、買取の手続きはたいてい、自分でしないで自動車販売店や買取を専門に行っているショップなどが行うので、代行手数料がかかってきます。
最近では、代行手数料がかからないところもあるようです。
しかし、注意しなくてはいけないのが、手数料の話を一切しないで査定額を出され、高かったので決めたら、最終的には買取金額から手数料が引かれていた、といったこともあるということです。
このようなトラブルを避けるためにも、査定額に手数料が含まれているのか、それとも別で支払わなくてはいけないのかを確認してみましょう。
特に、査定額が思っていたよりも高い場合は、手数料が査定額に含まれている可能性があるので注意しましょう。
自動車販売店や買取を専門に行っているショップなど、それぞれで手数料の反映の仕方が違います。
査定額に含むところや、査定額には反映せず最終的に手数料を請求するところなど様々です。
買取の最低に出す際は、査定額だけで決めるのではなく、手数料も含めて、すべてひっくるめて、いろいろなショップを比較してみるとよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取でのリサイクル料

2005年1月から、自動車リサイクル法が施行され、自動車リサイクル料が課せられるようになりました。
自動車リサイクル料は、自動車を適切に処理するために、所有者が支払わなければならないもので、料金は7,000~18,000円くらいが一般的です。自動車メーカーやエアバッグがついているかなど、その車によって料金が異なります。
自動車リサイクル料は2005年1月以降に新車を購入した場合は、購入時にすでに支払っています。
2005年1月以前に新車購入をしている場合は、車検の時に自動車リサイクル料を支払わなくてはなりません。
また、中古車を購入する場合、自動車リサイクル料を支払い済みの車を購入する時は、自動車リサイクル料を支払わなくてはなりません。
自動車リサイクル料は、その車に対して最終的に所有する人が支払う義務がある、ということになっています。
このような決まりになっていますので、車を売った場合、最終的に所有する人が変わるので、自動車リサイクル料が返金されます。
ただし、廃車の場合は、自分が最終的に所有していることになるので、自動車リサイクル料は返金されません。この点は勘違いしやすいようなので気をつけましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取のトラブルについて。。

車の買取というのは、高額な取引です。
人と人との取引にトラブルが起こる可能性があります。
高額な取引となる車の買取でのトラブルが起きないよう、いくつか気をつけた方がよい点をご紹介します。
まず、買取を進める上で大切な書類についてです。
買取の手続きを進めようと思ったら、必要な書類が足りなかった…ということがないよう、書類が揃っているかをきちんと確認しましょう。
自分でチェックシートを作って確認するのもよいでしょう。
次に、支払いについてです。
買取金額はいつ、どのように支払われるのか、契約書でしっかりと確認しましょう。
車を引き渡してから、買取金額が支払われるまでの流れを把握しておきましょう。
わからないことがあれば担当者などに確認しましょう。
また、買取ってもらう車に不具合がある場合は、査定の際にしっかり買取ってもらう相手に伝えましょう。
不具合があることを隠していて、後ほど発覚した場合、問題となります。
買取金額が減らされることになってしまうかもしれないので注意しましょう。
自分は知らなかったけれど、買取後に車に不具合が見つかったので修理代として買取金額から引かれる、といったようなこともある得るので、買取の査定の時にでも買取先に、契約後、車に不具合が見つかった場合の対応について確認するとよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

改造車の車買取

改造車の買取は、どのようになっているでしょうか?
改造車は、改造を加えた車のことです。
社外パーツを1つでも取り付けたら改造車になります。
改造車と聞くと、ものすごいマフラーに替えたり、エンジン周りをいじったり、といったイメージですが、たとえば社外品のエアロを装備しただけで改造車ということになります。
改造車は買取の際、査定が下がる可能性があります。
マフラーをいじって、エンジン周りをいじって、高価なパーツをつけて自分の中ではかっこよくした車でも、査定額がつけられない、なんてこともあります。
もしくは査定額がかなり低くなることもあります。
せっかくの高価なパーツも台無しです。
改造車は、社外パーツをつけていることで万全なサポートがうけられなかったり、前に乗っていた人が改造してあまり車を大切にしていなかったのかもしれないと思われることから嫌がられるようです。
一般的には嫌がられる改造車ですが、せっかくの車を少しでも高く買取ってもらいたい、と思うのであれば、改造車を専門に買取しているお店がありますので、そちらで買取を頼んでみるとよいでしょう。
自分が気に入ってつけたパーツがマイナスなんかではなく、プラス査定の要因となることでしょう。

Posted in 改造車の車買取 | Tagged , | Leave a comment

ローンの残高がある時の車買取

車というのは高い買い物ですので、現金一括でというよりは、ローンを組んで購入する人が多いと思います。
ローンの残高がある時に、車を手放さなくてはならなくなった場合、車の買取はどのように行われるのでしょうか?
車の買取金額がローンの残高より高い場合、買取金額からローンの残高を引いた分が手元に残ることになります。
車の買取金額がローンの残高よりも低い場合、ローンが残ってしまうので車を売ることができません。
車のローンを支払っている間、車の所有権はローン会社となっているためです。
車を売りたければ、自力でか、知人や消費者金融からお金を借りてローンを完済するか、残債用ローンを組むなどしなくてはなりません。
たいていは残債用ローンを組みようです。
これは車のローン残債を返すためのローンを車を売るときに組む方法です。
この方法を利用して、ローンの残高がある車も売ることができます。
しかし、ローンが残っていると買取の金額は相場より低くなっていまいます。
それと、残債用ローンを組む場合、ローンの金利に気をつけましょう。
車を売る前のローンの金利と車の維持費、売った後のローンの金利を比べてみて、お得かどうかをしっかりチェックしましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , , | Leave a comment
Newer »