中古車の下取り、買取の違いとは・・

新しい車を購入する場合、現在乗っている車がある場合は、その車を新しく購入する車の代金にあてることができます。
その方法が、下取りと買取です。
下取りと買取って、同じじゃないの?と思うかもしれませんが、ちょっと違います。
下取りは車自体を新しく購入する車の代金にあてて、新しく購入する車の代金を安くする方法です。
買取は、現在乗っている車を買取ってもらい、現金化することです。
それでは、下取りと買取ではどちらがお得なのか…?と思ってしまいますね。
下取りの金額というのは、自動車販売店で決めた下取り価格表を元に、車のダメージなどを見て金額が決まるようです。
買取の金額は、買取を専門に行っているショップなどで査定をしてもらって決まります。
車のダメージや、その時のオークションの相場によって金額が変わってきます。
お得なのは、一般的には買取の方みたいですが、自動車販売店によっては、新車販売のキャンペーンで下取り価格がいつもより高くなることがあったりします。
様々な情報を集めながら、買取をしてもらう場合の査定を、買取を専門に行っているショップなどでしてもらい、その後、自動車販売店で新しい車を購入する場合の下取りの金額を出してもらうのがよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

輸入車の車買取

輸入車の買取は、国産車と違うのでしょうか?
輸入車と聞くと、高級なイメージで手が出しづらい感じがしますね。
しかし、輸入車全部が高価なものではありません。
中古車であればなおさら、国産車と同じくらいの価格で買うこともできます。
ただ、輸入車は高級で高価なイメージから、自分には手が出せないと思い、輸入車を購入しようと思う人が少なくなります。
そして、輸入車の市場は小さく、中古市場も同様です。
輸入車の買取は、国産車との違いはほとんどありません。
ただ、輸入車を購入しようとする人は、とりあえずの足として車を使うのではなく、見た目を重視する傾向があるためか、車に傷やへこみがある場合、国産車ではそれほど値下がりしないものでも、輸入車ではかなり値下がりしてしまうことがあります。
このことから、買取をお願いする前に、傷やへこみを調べてみて、もしあったら、修復可能なものは修復してからの方がよいでしょう。
輸入車は、BMWやメルセデス・ベンツなどのメーカーによっても買取金額が違ってきます。
人気がある輸入車はやはり買取金額が高くなります。知名度が高い輸入車は中古市場も活発ですが、反対に知名度が低い輸入車は、買取もあまり頻繁ではないようです。

Posted in 輸入車の車買取 | Tagged , | Leave a comment

車買取の任意保険について

車を所有している人は、車の任意保険に加入していると思います。
任意保険は、自賠責保険では賄いきれない補償を受けるためのもので、自賠責保険の支払い限度額を超えてしまった場合に機能する、自賠責保険の上乗せとして働くものです。
必ず加入しなければならない自賠責保険とは違い、任意の保険なので車の所有者の意思によりますが、加入していると安心です。
自賠責保険の補償は、物的損害には対応していないので、任意保険でそれらを補う必要があるため、やはり加入するべきでしょう。
車を売る際に、任意保険をすでに支払っている場合は、解約することになるので、契約期間が残っている場合、その分の保険料が返金されます。
任意保険の解約は自分でしなければなりませんが、車の買取が決定したからとすぐに解約せず、もう絶対に自分でその車を運転しなくてよい、という状態になってから任意保険の解約手続きを始めましょう。
解約してから、新しく任意保険に加入するまでの間、任意保険に加入していない期間があると、等級が下がって保険料が高くなってしまうので『中断証明書』をもらっておきましょう。
この証明書で、10年間は最終の任意保険加入時の等級で引き継ぐことが可能です。
13か月以内なら、中断証明書をもらうことができます。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取で必要な書類について!

車の買取時には、契約を進める上で書類が必要になります。
それでは、どのような書類を用意すればよいのでしょうか?
まず、自動車車検証・自賠責保険証明書・自動車納税証明書です。
この3つは、すでに車の中の車検証入れに入っていると思いますので、改めて用意する必要はありません。
また、自動車リサイクル券があると査定金額が高くなるので確認しましょう。
自動車リサイクル券は、2005年1月1日以降に新車で購入したか、車検を受けた車についています。
そして、印鑑登録証明書も必要です。
印鑑登録証明書は市町村役場で発行してもらえます。
あと、書類ではありませんが『実印』も必要です。
ただし、軽自動車の場合は『実印』ではなく『印鑑(認印でも可)』です。
ですので、印鑑登録証明書も不要となります。
それと、自動車運転免許証も必要です。
ここまで説明した書類が基本的に必要となる書類ですが、このほかにも必要となる書類もあります。
結婚や離婚で名字が車検証と異なっている場合、戸籍謄本が必要になります。また、車検証の住所と現在の住所が異なる場合は住民票が必要になります。
このほかにも、必要な書類があるかもしれませんので、契約の際にはしっかりと確認しましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取の手続きの流れとは?

車を買取ってもらう場合、どのような流れで手続きが行われるのでしょうか?
流れをひと通り知っておくと、車の買取の際、スムーズにいくかもしれません。
まず、車を買取ってもらおうと思ったら、どこで車を買取ってもらうかを決めましょう。
新しく車を購入するのであれば、自動車販売店で下取りしてもらうのもよいでしょう。
車を現金化したいのであれば、買取を専門に行っているショップやオークションで売却するか、友達や知り合いに売却するということも考えられます。
買取ってもらうところが、自動車販売店や買取専門ショップなどの場合は査定が行われます。
査定で買取金額に納得がいけば、契約成立となります。
オークションや友達、知り合いへの売却の場合は、自分が買取ってもらいたい金額から相手と交渉して、お互いが納得できた時に契約成立となります。
契約成立後、車を買取ってもらう手続きに必要な書類を準備して、手続きが行われます。
手続きの中で、車の名義変更は大切な手続きです。
確実に名義変更されているかを確認できるよう、名義変更が終わったら、車検証のコピーを送ってもらうようにしましょう。
個人売買の場合は、両者が立ち会って名義変更をするのが理想的です。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取 印鑑証明についての話題

車の買取に必要な書類のひとつに、印鑑証明があります。
印鑑証明とは、実印である印鑑はこの印鑑です、ということを証明するためのものです。
額面が大きくなる売買契約には、実印が必要になります。
ですので、車の買取にも実印が必要になります。
また、実印が必要な時には、それが実印であると証明するために印鑑証明が必要になります。
それでは、印鑑証明を発行するにはどうすればよいのでしょうか?
印鑑証明を発行するには、まず印鑑登録をする必要があります。
登録をする印鑑は実印となります。
大量に生産されている印鑑ではなく、世界で1つしかない印鑑を登録しましょう。
印鑑登録は、自分が住んでいる地域の市町村役場で行います。
窓口に印鑑を持っていき、印鑑登録の申請をします。
印鑑登録が終わると、印鑑登録カードがもらえます。
印鑑証明を発行する際に必要になりますので、大切に保管しましょう。
印鑑登録カードは現在住んでいる地域でのみ有効なので、市外へ引っ越す際には印鑑登録カードは市町村役場へ返却しなくてはなりません。
印鑑証明に有効期限はありませんが、買取先で○か月以内に発行されたものなどの条件をつけていることがありますので、確認して準備するようにしましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取で気になる査定額が上がるシーズン

車の調子が悪くなったり、車検が近いから、など必要に迫られて車を買取に出す場合は仕方ありませんが、単にただ新しい車に買い替えたいな、と思って車を買取に出そうという場合、旬の時期に出せば買取金額がUPします。
旬の時期は車の種類によっても変わりますが、中古車がよく売れるのは2~5月が一般的です。
春にかけて、社会人になる人や転勤などで引っ越しする人、そのほか新しい生活を始める人が多くなるので、車が売れるようになります。
自動車販売店などは中古車の在庫を増やしたい時期なので、この時期に車を売ると買取金額がUPします。
人気のある車種だと、旬の時期はさらに上乗せが期待できます。
車のタイプで見てみると、スポーツカーは、新社会人になって自分で稼げるようになったので、自分の好きな車に乗ろう、と考える人が買います。
このことから、春が一番売れる時期で買取金額が高くなります。
RVカー、1BOXカーはアウトドアなどに最適な車ですので、春先から夏にかけて買取金額が高くなります。
また、これらのタイプで4WDであれば、冬も買取金額が高くなります。
オープンカーは、春と秋が狙い目です。
車の買取を考えるとき、買取の旬の時期も考えながら、買取金額があがる時期を狙ってみるとお得でしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取と車庫証明などの問題

車庫証明は、自動車を保管できる場所を自宅から直線距離で2km以内で確保していることを証明する書類のことです。
車庫証明が取れないと、車を所有することができません。
車を所有するには車庫証明が必要です。
個人で車の売買をする場合、相手が車庫証明をきちんと出しているか確認しないと、後ほど自分にトラブルが降りかかってくる可能性もあります。
もし車庫証明を取らずに車を所有し続けていると、違法行為となります。
これは車庫飛ばしと言う違法行為で、20万円以下の罰金となります。
また、引っ越しで住所変更があった場合、15日以内に申請しないと違反点数がついてしまうので気をつけましょう。
車庫証明の手続きに必要な書類は、警察署で手に入ります。
インターネットで必要な書類一式が手に入る地域もあります。
書類一式に記入し、車庫証明の申請窓口に出せば、車庫証明を取得するための準備が整います。
後ほど、警察官が保管場所の確認に来ますので、それが終われば無事車庫証明が取得できます。
軽自動車は車庫証明が必要ないと思っている人もいると思いますが、軽自動車には『保管場所届出』という手続きがあります。
これは地域によって異なるものですが、地域によっては必要な手続きなので、軽自動車を保有する際には、きちんと確認しましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車買取をする場合の税金

車を所有するには、様々な維持費がかかります。 維持費の中には税金も含まれます。
車の買取をする場合に関係のある税金もあります。

まず、自動車税です。
自動車税は、毎年4月1日現在、車を所有している人が1年分を支払うもので、排気量によって金額が異なります。
軽自動車が一番安く、排気量が多くなるほど高くなります。
車を買取ってもらう時に、自分が車に乗らない月の分、返金されるか、買取の金額に上乗せしてくれます。
次に、自動車重量税です。
自動車重量税は、新車を登録する時や車検の時に、自動車の重量に応じて支払う税金です。
買取時はあまり重要とされないものですから、交渉の際に一度、査定に上乗せできるかどうか確認してみると良いでしょう。
そして、平成17年から始まった、自動車リサイクル料です。
自動車リサイクル料は、自動車を処分する費用を負担する税金です。
この税金を負担するのは、原則として、その車の最終所有者になっています。
このことから、次にその車を所有する人に負担が移行することになり、以前に払った自動車リサイクル料は、車を買取ってもらう際に返金されます。
自動車リサイクル料を返金するのは、車を買取ってくれる相手になりますので、お店で買取をしてもらう際は、自動車リサイクル料について確認してみましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

車の買取と自賠責保険料

『自動車損害賠償責任保険』、これが自賠責保険の正式名称です。
省力して、自賠責保険と言われています。
どの車で必ず加入しなくてはいけない保険で、強制保険とも言われるのが自賠責保険です。
車を車検に通す際、車検期間に有効な自賠責保険の加入が義務づけられています。
自賠責保険が残っている車を売った場合、自賠責保険は戻ってくるのでしょうか?
自賠責保険が残っていても、戻ってくることはありません。
自賠責保険は、加入を抹消して新しい所有者に移すということが、少々やっかいなので、車と一緒に名義変更をして渡すのが一般的です。
その分、買取の金額に上乗せしてくれるようです。
このように、自賠責保険は、任意保険と違って、すでに支払った分の保険料の残りが戻ってくるのではなく、買取の金額に上乗せされるケースが普通です。
ただ、そのことが査定票に記載されることはほとんどありません。
ですので、買取の金額に自賠責保険の分が反映されているのか、気をつけてチェックしてみましょう。
車を売る場合、自賠責保険の名義変更をきちんとしてもらいましょう。
名義変更がきちんとされていないと、自賠責保険の満期のお知らせが自分のところに届くことになってしまいます。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment
« Older