車買取と車庫証明などの問題

車庫証明は、自動車を保管できる場所を自宅から直線距離で2km以内で確保していることを証明する書類のことです。
車庫証明が取れないと、車を所有することができません。
車を所有するには車庫証明が必要です。
個人で車の売買をする場合、相手が車庫証明をきちんと出しているか確認しないと、後ほど自分にトラブルが降りかかってくる可能性もあります。
もし車庫証明を取らずに車を所有し続けていると、違法行為となります。
これは車庫飛ばしと言う違法行為で、20万円以下の罰金となります。
また、引っ越しで住所変更があった場合、15日以内に申請しないと違反点数がついてしまうので気をつけましょう。
車庫証明の手続きに必要な書類は、警察署で手に入ります。
インターネットで必要な書類一式が手に入る地域もあります。
書類一式に記入し、車庫証明の申請窓口に出せば、車庫証明を取得するための準備が整います。
後ほど、警察官が保管場所の確認に来ますので、それが終われば無事車庫証明が取得できます。
軽自動車は車庫証明が必要ないと思っている人もいると思いますが、軽自動車には『保管場所届出』という手続きがあります。
これは地域によって異なるものですが、地域によっては必要な手続きなので、軽自動車を保有する際には、きちんと確認しましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment