車買取と自動車税

毎年、車を所有している人が支払わなければならないのが自動車税です。
自動車税は、4月1日現在で車を所有している人が1年分の税金として支払うもので、車の排気量によって納める金額が異なります。
自家用乗用車の場合、1,000cc以下が29,500円、1,000超~1,500cc以下が34,500円、1,500超~2,000cc以下が39,500円、2,000超~2,500cc以下が45,000円、2,500超~3,000cc以下が51,000円、3,000超~3,500cc以下が58,000円、3,500超~4,000cc以下が66,500円、4,000超~4,500cc以下が76,500円、4,500超~6,000cc以下が88,000円、6,000超ccが111,000円となっています。
自動車税は、車の買取の時に返金されます。
自動車税は1年分を前払いする、という形なので、車を買取ってもらって手放す場合は、残りの期間分の税金が戻ってくることになります。
たとえば、9月に車を買取ってもらった場合、10月~翌年3月までの自動車税が返金されます。
10月~翌年3月までの自動車税は、次にその車を所有する人が支払うことになります。
自動車税の返金は、その車の買取先が支払うことになります。
車の買取の契約の際には、自動車税の返金についての確認もするようにしましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment