車買取をする場合の税金

車を所有するには、様々な維持費がかかります。 維持費の中には税金も含まれます。
車の買取をする場合に関係のある税金もあります。

まず、自動車税です。
自動車税は、毎年4月1日現在、車を所有している人が1年分を支払うもので、排気量によって金額が異なります。
軽自動車が一番安く、排気量が多くなるほど高くなります。
車を買取ってもらう時に、自分が車に乗らない月の分、返金されるか、買取の金額に上乗せしてくれます。
次に、自動車重量税です。
自動車重量税は、新車を登録する時や車検の時に、自動車の重量に応じて支払う税金です。
買取時はあまり重要とされないものですから、交渉の際に一度、査定に上乗せできるかどうか確認してみると良いでしょう。
そして、平成17年から始まった、自動車リサイクル料です。
自動車リサイクル料は、自動車を処分する費用を負担する税金です。
この税金を負担するのは、原則として、その車の最終所有者になっています。
このことから、次にその車を所有する人に負担が移行することになり、以前に払った自動車リサイクル料は、車を買取ってもらう際に返金されます。
自動車リサイクル料を返金するのは、車を買取ってくれる相手になりますので、お店で買取をしてもらう際は、自動車リサイクル料について確認してみましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment