車買取 印鑑証明についての話題

車の買取に必要な書類のひとつに、印鑑証明があります。
印鑑証明とは、実印である印鑑はこの印鑑です、ということを証明するためのものです。
額面が大きくなる売買契約には、実印が必要になります。
ですので、車の買取にも実印が必要になります。
また、実印が必要な時には、それが実印であると証明するために印鑑証明が必要になります。
それでは、印鑑証明を発行するにはどうすればよいのでしょうか?
印鑑証明を発行するには、まず印鑑登録をする必要があります。
登録をする印鑑は実印となります。
大量に生産されている印鑑ではなく、世界で1つしかない印鑑を登録しましょう。
印鑑登録は、自分が住んでいる地域の市町村役場で行います。
窓口に印鑑を持っていき、印鑑登録の申請をします。
印鑑登録が終わると、印鑑登録カードがもらえます。
印鑑証明を発行する際に必要になりますので、大切に保管しましょう。
印鑑登録カードは現在住んでいる地域でのみ有効なので、市外へ引っ越す際には印鑑登録カードは市町村役場へ返却しなくてはなりません。
印鑑証明に有効期限はありませんが、買取先で○か月以内に発行されたものなどの条件をつけていることがありますので、確認して準備するようにしましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment

ローンの残高がある時の車買取

車というのは高い買い物ですので、現金一括でというよりは、ローンを組んで購入する人が多いと思います。
ローンの残高がある時に、車を手放さなくてはならなくなった場合、車の買取はどのように行われるのでしょうか?
車の買取金額がローンの残高より高い場合、買取金額からローンの残高を引いた分が手元に残ることになります。
車の買取金額がローンの残高よりも低い場合、ローンが残ってしまうので車を売ることができません。
車のローンを支払っている間、車の所有権はローン会社となっているためです。
車を売りたければ、自力でか、知人や消費者金融からお金を借りてローンを完済するか、残債用ローンを組むなどしなくてはなりません。
たいていは残債用ローンを組みようです。
これは車のローン残債を返すためのローンを車を売るときに組む方法です。
この方法を利用して、ローンの残高がある車も売ることができます。
しかし、ローンが残っていると買取の金額は相場より低くなっていまいます。
それと、残債用ローンを組む場合、ローンの金利に気をつけましょう。
車を売る前のローンの金利と車の維持費、売った後のローンの金利を比べてみて、お得かどうかをしっかりチェックしましょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , , | Leave a comment