改造車の車買取

改造車の買取は、どのようになっているでしょうか?
改造車は、改造を加えた車のことです。
社外パーツを1つでも取り付けたら改造車になります。
改造車と聞くと、ものすごいマフラーに替えたり、エンジン周りをいじったり、といったイメージですが、たとえば社外品のエアロを装備しただけで改造車ということになります。
改造車は買取の際、査定が下がる可能性があります。
マフラーをいじって、エンジン周りをいじって、高価なパーツをつけて自分の中ではかっこよくした車でも、査定額がつけられない、なんてこともあります。
もしくは査定額がかなり低くなることもあります。
せっかくの高価なパーツも台無しです。
改造車は、社外パーツをつけていることで万全なサポートがうけられなかったり、前に乗っていた人が改造してあまり車を大切にしていなかったのかもしれないと思われることから嫌がられるようです。
一般的には嫌がられる改造車ですが、せっかくの車を少しでも高く買取ってもらいたい、と思うのであれば、改造車を専門に買取しているお店がありますので、そちらで買取を頼んでみるとよいでしょう。
自分が気に入ってつけたパーツがマイナスなんかではなく、プラス査定の要因となることでしょう。

Posted in 改造車の車買取 | Tagged , | Leave a comment