車の買取で戸籍抄本が必要な場合。。

車を買取ってもらう時には手続きが必要です。
手続きの際、戸籍抄本が必要な場合があります。
戸籍抄本が必要な場合は特定です。
戸籍抄本とは、戸籍原本から必要な人の部分だけが複写されているものです。
これに対し、戸籍謄本というものがありますが、これは戸籍原本のすべてを複写したものです。
車を買取ってもらう場合に必要となるのは、たいてい戸籍抄本です。
戸籍抄本は、戸籍に記載されている本籍地の市町村役場で発行してもらえます。
現在住んでいるところが、記載の本籍地と違う場合は、自分で記載の本籍地のある市町村役場まで行くか、行くことが難しい場合は郵送で取り寄せることもできます。
戸籍抄本が必要になるのは特定な場合ですが、それは、車を売る時の車検証の氏名が、現在の氏名と違っている場合です。
車を買取ってもらう際、名義変更をすることになるので、車の所有者が売りにきている本人だということが、はっきりしていなければなりません。
そのため、車検証の名義と現在の氏名が違っているのは問題となるため、戸籍抄本が必要になります。
車を買取ってもらう時に、結婚あるいは離婚などで名字が変わっている場合は、戸籍抄本が必要となるでしょうから、覚えておくとよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged | Leave a comment