車買取の任意保険について

車を所有している人は、車の任意保険に加入していると思います。
任意保険は、自賠責保険では賄いきれない補償を受けるためのもので、自賠責保険の支払い限度額を超えてしまった場合に機能する、自賠責保険の上乗せとして働くものです。
必ず加入しなければならない自賠責保険とは違い、任意の保険なので車の所有者の意思によりますが、加入していると安心です。
自賠責保険の補償は、物的損害には対応していないので、任意保険でそれらを補う必要があるため、やはり加入するべきでしょう。
車を売る際に、任意保険をすでに支払っている場合は、解約することになるので、契約期間が残っている場合、その分の保険料が返金されます。
任意保険の解約は自分でしなければなりませんが、車の買取が決定したからとすぐに解約せず、もう絶対に自分でその車を運転しなくてよい、という状態になってから任意保険の解約手続きを始めましょう。
解約してから、新しく任意保険に加入するまでの間、任意保険に加入していない期間があると、等級が下がって保険料が高くなってしまうので『中断証明書』をもらっておきましょう。
この証明書で、10年間は最終の任意保険加入時の等級で引き継ぐことが可能です。
13か月以内なら、中断証明書をもらうことができます。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment