中古車の下取り、買取の違いとは・・

新しい車を購入する場合、現在乗っている車がある場合は、その車を新しく購入する車の代金にあてることができます。
その方法が、下取りと買取です。
下取りと買取って、同じじゃないの?と思うかもしれませんが、ちょっと違います。
下取りは車自体を新しく購入する車の代金にあてて、新しく購入する車の代金を安くする方法です。
買取は、現在乗っている車を買取ってもらい、現金化することです。
それでは、下取りと買取ではどちらがお得なのか…?と思ってしまいますね。
下取りの金額というのは、自動車販売店で決めた下取り価格表を元に、車のダメージなどを見て金額が決まるようです。
買取の金額は、買取を専門に行っているショップなどで査定をしてもらって決まります。
車のダメージや、その時のオークションの相場によって金額が変わってきます。
お得なのは、一般的には買取の方みたいですが、自動車販売店によっては、新車販売のキャンペーンで下取り価格がいつもより高くなることがあったりします。
様々な情報を集めながら、買取をしてもらう場合の査定を、買取を専門に行っているショップなどでしてもらい、その後、自動車販売店で新しい車を購入する場合の下取りの金額を出してもらうのがよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment