事故車の買取りについて

車のバンパーをこすってしまった、へこんでしまった、路肩にぶつけてしまった。。。などなど、一度事故を起こしてしまった車は「事故車」といわれてしまいますね。
どんなにきれいに修復しても、事故車になると、やはり買取りの際、査定額がかなり下がってしまうでしょう。
見た目は大丈夫でも、査定士の目はごまかせません。
きれいに修復されていても、事故車と見抜かれてしまいます。
ただ、自分では事故車だと思っていても、実は事故車ではないかもしれない場合があります。
「事故車」「修復歴車」といわれる定義があり「車の骨格部分に損傷・欠陥がなければ事故車と見なされない」ことがひとつの目安となっています。
これは日本自動車査定協会などの組織で定められた一定の基準で、それらを満たさない程度の事故や接触の場合は、査定の上では「事故車」「修復歴車」にならないということです。
ですので、擦り傷くらいの事故であれば、事故車としてのマイナス査定はなくなる可能性があります。
ただし、擦り傷は査定ではマイナスとなりますのでご注意を。あくまで、事故車としてのマイナスがなくなるということです。
たいした事故ではなかったからと、黙っていても査定士には見抜かれてしまうので、先に申告したほうが査定士への印象が良くなるでしょう。

車買取り 相場

This entry was posted in 車買取 注意点. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.