ローンの残高がある時の車買取

車というのは高い買い物ですので、現金一括でというよりは、ローンを組んで購入する人が多いと思います。
ローンの残高がある時に、車を手放さなくてはならなくなった場合、車の買取はどのように行われるのでしょうか?
車の買取金額がローンの残高より高い場合、買取金額からローンの残高を引いた分が手元に残ることになります。
車の買取金額がローンの残高よりも低い場合、ローンが残ってしまうので車を売ることができません。
車のローンを支払っている間、車の所有権はローン会社となっているためです。
車を売りたければ、自力でか、知人や消費者金融からお金を借りてローンを完済するか、残債用ローンを組むなどしなくてはなりません。
たいていは残債用ローンを組みようです。
これは車のローン残債を返すためのローンを車を売るときに組む方法です。
この方法を利用して、ローンの残高がある車も売ることができます。
しかし、ローンが残っていると買取の金額は相場より低くなっていまいます。
それと、残債用ローンを組む場合、ローンの金利に気をつけましょう。
車を売る前のローンの金利と車の維持費、売った後のローンの金利を比べてみて、お得かどうかをしっかりチェックしましょう。

This entry was posted in 車買取 注意点 and tagged , , . Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.