車買取 印鑑証明についての話題

車の買取に必要な書類のひとつに、印鑑証明があります。
印鑑証明とは、実印である印鑑はこの印鑑です、ということを証明するためのものです。
額面が大きくなる売買契約には、実印が必要になります。
ですので、車の買取にも実印が必要になります。
また、実印が必要な時には、それが実印であると証明するために印鑑証明が必要になります。
それでは、印鑑証明を発行するにはどうすればよいのでしょうか?
印鑑証明を発行するには、まず印鑑登録をする必要があります。
登録をする印鑑は実印となります。
大量に生産されている印鑑ではなく、世界で1つしかない印鑑を登録しましょう。
印鑑登録は、自分が住んでいる地域の市町村役場で行います。
窓口に印鑑を持っていき、印鑑登録の申請をします。
印鑑登録が終わると、印鑑登録カードがもらえます。
印鑑証明を発行する際に必要になりますので、大切に保管しましょう。
印鑑登録カードは現在住んでいる地域でのみ有効なので、市外へ引っ越す際には印鑑登録カードは市町村役場へ返却しなくてはなりません。
印鑑証明に有効期限はありませんが、買取先で○か月以内に発行されたものなどの条件をつけていることがありますので、確認して準備するようにしましょう。

This entry was posted in 車買取 注意点 and tagged , . Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.