社会保険労務士の仕事と収入

高収入の仕事ができる資格としてよく挙げられるのは、社会保険労務の資格です。労務管理と社会保険の専門家である社会保険労務士は、社労士事務所に勤務したり、独立開業したり、金融機関に勤務したりという形があります。職場によって資格の活かされ方は異なりますし、皆が皆高収入の仕事についているとは言いきれないようです。社会保険労務士の平均年収は760万円という資料があります。必ずしも高収入という印象を受けないかもしれません。実際に仕事をしている人の収入は450万~3000万円と大きく開きがあるようです。資格があれば収入に直結するという類のものではなく、社会保険労務士を必要としているどんな仕事をしているかがポイントです。社会保険労務士は、独立して自分で仕事をする開業社労士と、会社に勤めながら資格を活用する勤務社労士の2つに大別されます。社労士として独立開業している人は高収入の期待が持てます。大小様々な企業と取引をして、顧客数を増やして仕事が増加すれば、高収入になっていくというパターンが多いようです。高収入の社会保険労務士も多いのは事実です。社会保険労務士であれば高収入の仕事になるとは単純に言い切れないというのが現状のようです。

ネット 車査定

 

This entry was posted in その他. Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your email address will never be published.