車と売って戻ってくるお金の話

車を売った場合どんなお金が戻ってくるか気になるところ。
車を売ると、自動車税や重量税、リサイクル料金、自賠責保険の未経過分は基本的に返金されます。
しかし自動車税に関しては廃車にした場合であり、買取業者に売却した場合には買取業者にて残りの期間の納税金額を算出してそれを買取価格に含めるのが一般的です。
買取業者に自動車税などについて何も説明がないようならば、還付はどのようになっているのか確認しておきましょう。
また、オークションサイトでの売買や知人・友人に譲渡した場合には、自動車税は還付されません。
重量税に関しては、車検が1ヶ月以上残っている状況で廃車(登録抹消)した場合のみ残り期間に応じて還付が行われますが、自動車売却の場合は還付されません。
リサイクル料金ですが、自動車を売却する際には、業者にて買取時にリサイクル料金に相当する額を返金(買取価格に反映)してくれますので、しっかりと業者に確認しましょう。
ただし、リサイクル券があることが条件になります。
自動車保険については、任意の自動車保険に加入していて、残保険期間が1カ月以上残っており、保険料を一括払いしていたのであれば、保険料の未経過分が返金されますので保険会社に確認を。

Posted in 車買取 注意点 | Leave a comment

車の買取で戸籍抄本が必要な場合。。

車を買取ってもらう時には手続きが必要です。
手続きの際、戸籍抄本が必要な場合があります。
戸籍抄本が必要な場合は特定です。
戸籍抄本とは、戸籍原本から必要な人の部分だけが複写されているものです。
これに対し、戸籍謄本というものがありますが、これは戸籍原本のすべてを複写したものです。
車を買取ってもらう場合に必要となるのは、たいてい戸籍抄本です。
戸籍抄本は、戸籍に記載されている本籍地の市町村役場で発行してもらえます。
現在住んでいるところが、記載の本籍地と違う場合は、自分で記載の本籍地のある市町村役場まで行くか、行くことが難しい場合は郵送で取り寄せることもできます。
戸籍抄本が必要になるのは特定な場合ですが、それは、車を売る時の車検証の氏名が、現在の氏名と違っている場合です。
車を買取ってもらう際、名義変更をすることになるので、車の所有者が売りにきている本人だということが、はっきりしていなければなりません。
そのため、車検証の名義と現在の氏名が違っているのは問題となるため、戸籍抄本が必要になります。
車を買取ってもらう時に、結婚あるいは離婚などで名字が変わっている場合は、戸籍抄本が必要となるでしょうから、覚えておくとよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged | Leave a comment

中古車の下取り、買取の違いとは・・

新しい車を購入する場合、現在乗っている車がある場合は、その車を新しく購入する車の代金にあてることができます。
その方法が、下取りと買取です。
下取りと買取って、同じじゃないの?と思うかもしれませんが、ちょっと違います。
下取りは車自体を新しく購入する車の代金にあてて、新しく購入する車の代金を安くする方法です。
買取は、現在乗っている車を買取ってもらい、現金化することです。
それでは、下取りと買取ではどちらがお得なのか…?と思ってしまいますね。
下取りの金額というのは、自動車販売店で決めた下取り価格表を元に、車のダメージなどを見て金額が決まるようです。
買取の金額は、買取を専門に行っているショップなどで査定をしてもらって決まります。
車のダメージや、その時のオークションの相場によって金額が変わってきます。
お得なのは、一般的には買取の方みたいですが、自動車販売店によっては、新車販売のキャンペーンで下取り価格がいつもより高くなることがあったりします。
様々な情報を集めながら、買取をしてもらう場合の査定を、買取を専門に行っているショップなどでしてもらい、その後、自動車販売店で新しい車を購入する場合の下取りの金額を出してもらうのがよいでしょう。

Posted in 車買取 注意点 | Tagged , | Leave a comment